トピックス

ヨロン島に来る人に知ってもらいたい「拾い箱」と、島民の海ゴミに対する取り組み

ヨロン島には「拾い箱」というものがありますが、皆さんご存知でしょうか?

「拾い箱」ってなに?

海岸などで拾ったゴミを入れる木箱。現在9ヵ所の浜に設置してあります。観光で来られた方も、海岸でゴミを見つけたらこの「拾い箱」に入れてくださいね!でもゴミ箱では無いので、自分で出したゴミは入れないで下さいね。

拾い箱1.JPG

「拾い箱」の生い立ち

2014年にUターンした島の若者が、帰郷した翌日から一人で海岸のゴミ拾いを始めました。その活動は「美ら海プロジェクト365」と名付けられ、口コミで広まり、島民や観光客らも加わるようになりました。

けれど時間や場所を指定する活動への違和感もあり、「イベントではなく、ゴミを拾うことを習慣にしたい」そういう思いで、2年間で延べ6800人が参加したこの活動を辞め、彼自身は散歩の途中などにゴミを拾うようになりました。

そこで考案されたのが、誰でもいつでも拾える「拾い箱」でした。

拾い箱2.JPG

島民の海ゴミに対する取り組み

ゴミ拾いを習慣にさせてくれる「拾い箱」が誕生しましたが、海岸清掃をする団体が無くなったわけではありません。現在もヨロン島では「海謝美」(うんじゃみ)というグループが、毎朝ボランティアで海岸の清掃を行っています。また、小学校やB&G海洋センター、観光協会などでも年に数回、海岸清掃の日を設けており、島をあげて海岸清掃に取り組んでいます。

誰でもいつでも拾える「拾い箱」、グループで楽しみながら活動する「海謝美」、そして普段浜に来ない人にも興味をもってもらえるビーチクリーンイベント。美しい砂浜を保つために、島民によって様々な取り組みが行われています。

DSC_0074.JPG

環境と観光の両立

ヨロン島が目指すのは「人が来れば来るほど、砂浜がきれいになる島」。島民も観光で来られる皆さんも、一緒になって美しいヨロンの海を守っていけたら嬉しいです。「海謝美」は観光客の方でも参加可能だそうですよ♪「拾い箱」もぜひ、活用してくださいね!

海開き14.JPG

ヨロン島の取り組み「一人の100歩から100人の一歩へ「拾い箱」プロジェクト」が、海ごみゼロアワードという場で奨励賞を受賞しました!

こちらから動画が観れます↓↓

1人の100歩から100人の1歩へキャプチャ.PNG

百合ヶ浜情報

百合ヶ浜について

百合ヶ浜カレンダー

カレンダー内のの付いた日が、百合ヶ浜の出現予定日です。(風や波などの影響で、出現しない事もあります)

  • ヨロン島お役立ちリンク
  • 地図・パンフレット ダウンロード
  • Yoron Island Official Travel Guide
  • 島キャン
  • 修学旅行・合宿
  • メディアの方
  • 観光業の方
  • ヨロン島観光協会 オンラインショップ

SNSをチェック

  • ヨロン島観光協会 Facebook
  • ヨロン島観光協会 Instagram

リンク集

  • トリップアドバイザー 与論町の旅行ガイド