与論城跡

与論城跡
与論城跡
与論城跡
与論城跡

王舅(オーシャン)によって築城されたといわれている与論城の跡地

1405~1416年頃、琉球の北山王の三男王舅(オーシャン)が築城しましたが途中、北山王滅亡により築城が中止され未完成となっています。天然の三層の断崖及びこれを結ぶ石垣が500m余にわたります。北端から南東へ延長200m余の石積みは、伏龍を形どったものだと言われています。

場内には、地主(とこぬし)神社、琴平神社、満州開拓団慰霊碑、山口誓子句碑及び近くに復帰記念碑があります。城跡の境内で年に3回行われる『与論十五夜踊り』は国指定重要無形民俗文化財となっています。

住所

鹿児島県大島郡与論町立長3313

アクセス方法

空港・港より車で約15分

駐車場

あり

豆知識

国の重要無形民俗文化財でもある十五夜前踊りは、年に3回、与論城跡(地主神社境内)で行われます。龍神に雨乞いをし、五穀豊穣、嶋中安穏、人畜の繁栄を祈願します。この祭りで奉納される与論十五夜踊りには、大和風(1番組)琉球風(2番組)の踊りで構成されます。

※上記内容は、変更になる場合がありますので予めご了承ください。

百合ヶ浜情報

百合ヶ浜について

百合ヶ浜カレンダー

カレンダー内のの付いた日が、百合ヶ浜の出現予定日です。(風や波などの影響で、出現しない事もあります)

  • ヨロン島お役立ちリンク
  • 地図・パンフレット ダウンロード
  • Yoron Island Official Travel Guide
  • 島キャン
  • 修学旅行・合宿
  • メディアの方
  • 観光業の方

SNSをチェック

  • ヨロン島観光協会 Facebook
  • ヨロン島観光協会 Instagram

リンク集

  • トリップアドバイザー 与論町の旅行ガイド
  • 日本近畿ツーリスト お申し込みはこちら